弁護士に相談するまでの流れ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

事故交通事故で弁護士に相談するまでの流れについて説明します。まず、交通事故が発生した直後は情報収集が大事になります。事故の状況を携帯電話などで写真を撮影することや、加害者の住所や名前、勤務先などを確認します。自分の保険会社にも連絡しておくことが大切です。警察に連絡をして怪我をしてしまった場合には人身事故扱いにしてもらうことが必要になります。事故の直後は身体に不具合を感じなくても日数が経過をしてから異変を感じたり身体が痛くなることもあります。病院に行って診察を受けることが大切です。

治療の段階では治療に専念することが大切です。慰謝料などは治療が完了してから始まります。個室やタクシー代金も後から否定される場合があるので必要な場合にのみ使用するにすることが大切です。勤務先から休業損害証明書をもらい、保険会社に休業損害を請求することも忘れてはいけないポイントです。治療が決まり等級が決まると示談交渉が始まりますが、示談金額が正しいかどうかを弁護士に確認したほうがいいケースが多いです。この金額は交通事故の専門的な知識や医学の知識がないと正しい金額かどうかを判断することができません。そして示談の交渉をしてもまとまらなければ裁判を起こし、弁護士に頼んで裁判をしてもらいましょう。弁護士の費用は判決で賠償額に上乗せされることが多いので弁護士の費用は大きな負担にならないと言われています。