弁護士に相談するまでの流れ

事故交通事故で弁護士に相談するまでの流れについて説明します。まず、交通事故が発生した直後は情報収集が大事になります。事故の状況を携帯電話などで写真を撮影することや、加害者の住所や名前、勤務先などを確認します。自分の保険会社にも連絡しておくことが大切です。警察に連絡をして怪我をしてしまった場合には人身事故扱いにしてもらうことが必要になります。事故の直後は身体に不具合を感じなくても日数が経過をしてから異変を感じたり身体が痛くなることもあります。病院に行って診察を受けることが大切です。

治療の段階では治療に専念することが大切です。慰謝料などは治療が完了してから始まります。個室やタクシー代金も後から否定される場合があるので必要な場合にのみ使用するにすることが大切です。勤務先から休業損害証明書をもらい、保険会社に休業損害を請求することも忘れてはいけないポイントです。治療が決まり等級が決まると示談交渉が始まりますが、示談金額が正しいかどうかを弁護士に確認したほうがいいケースが多いです。この金額は交通事故の専門的な知識や医学の知識がないと正しい金額かどうかを判断することができません。そして示談の交渉をしてもまとまらなければ裁判を起こし、弁護士に頼んで裁判をしてもらいましょう。弁護士の費用は判決で賠償額に上乗せされることが多いので弁護士の費用は大きな負担にならないと言われています。

弁護士に相談するべき理由

もしも交通事故の被害者になってしまった場合はまずは弁護士に相談することが大切になります。このページでは弁護士に相談する重要性について紹介します。

弁護士交通事故に遭ってしまった場合はまず保険会社に相談する人が多い傾向にあります。しかし交通事故の被害に遭った時に治療費や自分の仕事を休んだことに対する損害を支払ってくれるのは保険会社ということで当たり前のことです。慰謝料などをあげたくて相手側の保険会社や自分の保険会社に相談することも正しくありません。交通事故で怪我をした場合に保険会社同士で交渉することはできません。そのため、弁護士に相談することが重要になります。

また、保険契約をしている窓口の人たちのほとんどは交通事故の損害賠償額の計算をすることはできません。保険の内容に関してはプロフェッショナルですが、損害賠償の知識については専門的な知識が不足しているのが現状です。そこで交通事故の被害者が相談するべきなのは弁護士ということになります。

慰謝料などの損害賠償の問題が発生してきますが全て法令と判例によって決まっています。それらに関して最も詳しい職業の人が弁護士です。保険会社は自分の会社の利益を優先するのに対して弁護士は弁護士報酬を気にしてくれます。また弁護士報酬の金額は交通事故被害者の利害と完全に一致することから弁護士に相談することがオススメになります。

交通事故に遭ったら弁護士に相談

もしも交通事故にあったらどうしよう、交通事故にあってしまった時の対応について説明します。このページでは弁護士に相談する重要性と弁護士に相談するまでの流れについて説明します。

お金交通事故に遭ってしまった場合は保険会社に相談する人が多い傾向にありますが、慰謝料の相談などは保険会社の専門外のため応じてくれるところは多くありません。そのため、弁護士に相談することが必要になります。保険を契約している窓口の人たちは保険内容のプロフェッショナルですが、実際の事故や損害賠償額の計算をすることはできません。そのため損害賠償の知識については専門的な知識が不足しているのが現状になっています。そのことから正しい請求額ではないことや、少ない慰謝料・納得できない慰謝料のときに弁護士に相談することで大きく慰謝料が変わるケースがあります。

交通事故に遭ってしまってから弁護士に相談するまでの流れを説明します。まず交通事故が発生した直後は情報収集をすることがとにかく大切になります。加害者の住所や名前や勤務先を確認して自分の保険会社にも連絡することが大切になります。警察に連絡をして怪我をしてしまった場合には人身事故扱いにしてもらうことも大切になります。そこから治療をして、治療が終わった段階で慰謝料の請求や示談の話がはじまります。示談交渉が始まった時の最初の金額が正しいかどうかを確認できるのは専門的な知識を持った弁護士に相談するのが一番オススメになっています。そして弁護士に相談することのメリットとして示談の交渉をしてもまとまらない場合には裁判を起こすことも可能です。そこでかかる費用は賠償額に上乗せされることが多いので弁護士の費用は大きな負担にはならないと言われています。